育毛シャンプーガイド シャンプーが頭皮や髪に与える影響は大きいものです。 頭皮のべたつきや汚れを落とす為洗髪はしっかりとしているという方も多いと思いますが、 育毛シャンプーの選び方と正しいシャンプー方法を知っておきましょう。 スーパーやドラッグストアなどで量販されているシャンプーは洗浄成分に石油系界面活性剤を使用しています。 泡立ちは大変良いのですが洗浄力と刺激が強く、頭皮の必要な皮脂まで奪ってしまいます。 使用することで、かえって過剰な皮脂の分泌を招いたり、かゆみ・フケの原因になることもあります。 頭皮の健康が損なわれると、髪を育てる力が弱くなってしまいますね。 育毛シャンプー、つまり育毛に向いているシャンプーはアミノ酸系洗浄成分を使用しているものです。 アミノ酸系のシャンプーは洗浄力が強すぎないので、汚れを落としても頭皮に適当な潤いを残します。 シャンプーを育毛用に替えるだけでも、頭皮の状態は改善します。 また、シャンプーに配合されている育毛成分にも効果が期待できます。 そして、頭皮や髪を傷めない方法でシャンプーをすることも大切ですね。 まず、洗う前に毛先をほぐすようにブラッシングをします。 そしてお湯で頭皮と髪を湿らすように、洗います。 次に手でシャンプーを良く泡立てて、頭皮と髪につけます。 髪を洗う時には、頭皮や毛根を痛めぬように、指の腹を使って地肌を優しくマッサージするようにします。シャンプー剤やコンディショナー剤のすすぎ残しは、頭皮にも髪にもよくありません。 すすぎをしっかり行いましょう。
育毛剤口コミランキング
育毛剤口コミランキングは、育毛剤の内容量や価格、口コミや評判などを元に育毛剤を比較したランキングサイトです。無添加・医薬部外品・医薬品の育毛剤を紹介。
アミノ酸シャンプーアミノ酸シャンプーとはアミノ酸系の洗浄成分(界面活性剤)を使用しているものをいいます。 主にヤシ油に由来した界面活性剤が使用されています。 従来のシャンプーに比べると製造コストが高い為、販売価格が高めになっています。 アミノ酸シャンプーは洗浄力が強すぎない為、汚れを落としても、頭皮や髪に適当な皮脂を残します。 また、保湿性が高いことでも知られていますので乾燥肌の人でも使いやすく、洗い上がりの髪も良くまとまります。 従来のシャンプーには、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Na等は界面活性剤として使用されています。 このようなシャンプーは洗浄力が強力な為、頭皮や髪にとって必要な皮脂まで洗い流してしまいます。 この為、皮脂が不足して頭皮が乾燥したり、かえって余分な皮脂の分泌が促されたりすることがあります。 詳細はこちら
石けん系シャンプー 洗浄成分に、動植物のあぶら(油脂、脂肪酸)を、アルカリで反応させた界面活性剤を使用しているものを石けん系シャンプーといいます。 主に脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが洗浄成分として配合されています。 体の洗浄に使用する石けんをシャンプーの洗浄成分に利用したものと考えればよいでしょう。 石けん系シャンプーの特徴は、洗浄力が強いことです。 頭皮が脂っぽい人には向いていますが、洗浄成分により必要な皮脂まで奪われてしまうと、使用後に乾燥や炎症が起きる場合もあるかもしれません。 一般的なシャンプーに比べると頭皮への刺激は少ないので、肌が弱い人にも関心を持たれることが多いです。 肌に合わないと感じた場合は、使用を控えた方がよいでしょう。
詳細はこちら
高級アルコール系シャンプー スーパーやドラッグストア等に流通している一般的なシャンプーのうち、最も多いのが高級アルコール系シャンプーです。 高級アルコールシャンプーの「高級」とは、シャンプーの品質や価格のことではなく、界面活性剤として使用しているアルコールの炭素数が6以上であることを示しています。 この炭素数が高い程、泡立ちが良くなり、洗浄力が強くなります。 高級アルコール系シャンプーを使用すると汚れはよく落ちます。 余分な皮脂は除かなければなりませんが、そもそも皮脂は頭皮を保護する為に必要なものですので、落とし過ぎるのも良くありません。 高級アルコール系シャンプーの洗浄成分は強い為、頭皮に必要な皮脂まで洗い落すことになるのです。 また、皮脂が除去され過ぎたことにより、頭皮の皮脂分泌が過剰になり、頭皮のベタつきを促進することになることもあります。詳細はこちら